かなログ

「金沢」をキーワードに観光・グルメ・宿泊など金沢内外の人に役に立つことを目指したブログです。

【書評】圧倒的ポジティブ脳|中村文昭『履歴書には書けへんけどじつは一番大事なのは人間力や!』

スポンサーリンク

こんにちは。しゅうです!

 

実は先日、金沢市で行われた「こけらおとし講演会」というものに言ってまいりました。

そこであったのは中村文昭さんのご講演だったのです。

 

 

中村文昭さんとは?

中村文昭さんとは、実業家の1人です。過去に「耕せにっぽん」などのプロジェクトを成功させ、現在は会社の経営などもやりながら全国各地を講演しながら生活しているそうです。

ちなみに、中村文昭さんが校長を務めるご縁紡ぎ大学の北陸校はこの夏より1期が始まります。

www.kurofunet.com

以下、感想です。

 

人間力とは

さて、本のタイトルにもありますが、「人間力」とは何なのでしょうか。

人間力とは、「生きていく力」のことだと思います。

以前のこちらの記事にも書いたのですが、

www.shuumedia.com

 

人間はサバンナで1人放り出されても生きて行けないんですよね。

人と人が助けあって生きていく必要があるんです。

人から助けられなければ生きていくことはできない。

そして、人に助けてもらう力、それが人間力だと思います。

僕は今まで高校、大学まで「学力」を鍛えてきたのですが、この本を読んで思うのはそれは僕が今まで学力が一番の価値観の中にいたから重要視されていただけのことであって、学力だけあれば社会で生きていけるかというとまた別の話だと思います。

 

圧倒的前向きワードのシャワー

では具体的にどうすれば人間力がつくのか。

それはこの本の中に書かれています。

85の悩みや質問に中村文昭さんが答えていくという形式です。

僕が一番すごいと思ったのは中村さんの言葉や状況の捉え方です。

彼は絶対にネガティブに物事を考えません。

ネガティブワードもポジティブに、誰もが諦めるような状況でも楽しくしてしまうのです。

しかも、それは楽しそうに見せているというような表面上のものだけでなく、僕は心の底から楽しく思えるような変換をしているのがすごいと思いました。

本を読むだけで気持が明るくなりました。

 

今・ここ・自分・全力

今まで僕が何かを決めるときのキーワードとして「今・ここ・自分」に目をむけるというものがあったんです。

今しかできないこと・ここでしかできないこと・自分しかできないこと

をやっていくという思いがあったのですが、この本を読んでからは

それを全力でやるのが人生を好転させることに繋がると思いました。

 

頼まれごとは試されごと

この本のなかで何が一番かと言われるとこれにつきます。人間これがいつも出来たら最強です。

人から頼まれたことを「めんどくさいな」とか思うのではなく、

その人が自分に「お前にこれができるかな?」と挑戦を仕掛けてきたように考えて、その挑戦を受けるつもりで挑む。

自分ができる最善をつくして相手を喜ばせる。

なかなか普段できることではありませんが、この一言を頭にいれておくだけでなにか変わっていくかもしれません。

ちなみに人は一日に204回頼まれごとをするようです。

 

感想

すごく素敵な考え方の本だったと思います。

素直に何周もして考えを定着させたいです。

また、質問形式なので読みやすくもありますし、必ず自分の悩みと合うものもあると思います。

 

仕事のこと、人間関係、恋愛、なんでもいいので何か悩んでいる方におすすめする一冊です。

 

履歴書には書けへんけどじつは一番大事なのは人間力や!

履歴書には書けへんけどじつは一番大事なのは人間力や!

 

 

では。