かなログ

「金沢」をキーワードに観光・グルメ・宿泊など金沢内外の人に役に立つことを目指したブログです。

僕が「デザイン」について勘違いしていたこと

スポンサーリンク

f:id:kanalog2016:20170331160124j:plain

デザインとは創作だと思っていた

こんにちは。突然なんですが、「デザイン」という言葉をきいてみなさんはどんなイメージを持たれますでしょうか。 僕のイメージは「センスがいるもの」とか「美術の世界」とか「ペイント」とかいうものだったんですね。 illustratorとかを使ってデザイナーが描き描きする、、、みたいな感じです。


熱中寺子屋の話を聴いた

そんな中ですね、先日「高岡熱中寺子屋」という塾の講義を聴いてきたんです。

高岡熱中寺子屋高岡熱中寺子屋

ここで富山大学芸術文化学部名誉教授でいらっしゃる前田一樹先生のお話を聞かせてもらってその考えは変わりました。


デザインは論理によるものだということがわかった

デザインというのはある目的、例えば「もっと身長の高い人にも使いやすくするためにはどうすればいいんだろう」とか、「右利き左利き関係なしにつかえるデザインにはどんなものがあるんだろう」という目的を予め決めてしまい、それに向けてじゃあどんな形や色ならそれを実現できるのかというとても論理的なものなんだということを教わったんです。


今までムリだと思っていたけどチャレンジするものありかなと思っている

僕は美術が苦手だったので、今までデザインをしようなどとは思わなかったのですが、何か意図をもつことさえできればデザインもできるというお話を聴いて、それならばブログやWEBデザインなどからデザインの勉強を始めてみるのも面白いのではないかなと思っています。


では。


なるほどデザイン [ 筒井美希 ]