読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなログ

「金沢」をキーワードに観光・グルメ・宿泊など金沢内外の人に役に立つことを目指したブログです。

超本格カレーを食べてきた!「DEVi」【金沢グルメ】

こんにちは。しゅうです!

 

皆さんはどんなカレーが好きですか?

金沢といえば金沢カレーが有名ですよね。しかし、今回紹介するのは超本格ネパールカレーのお店です。

 

f:id:kanalog2016:20170528224347j:plain

 

カラフルな看板でなにやら強烈なお店の予感ですね!

お店に入るとネパール人の店主が迎えてくれます。

 

日替わりランチやタンドリーチキンランチなど、色々なカレーがいただけます。

僕は日替わりランチをいただきました。800円です。

ライスとナンのどちらかを選ぶことができます。僕が行ったのはラストオーダーぎりぎりだったので、ナンは売り切れということでした。

どちらも一回だけなら無料でおかわりすることができます。

また、辛さを5段階から選べます。僕は最初ということで真ん中の3を注文しました。

 

そして出てきたのがコチラ。

f:id:kanalog2016:20170528224638j:plain

・カレー

・ライス

・スープ

・サラダ

・ドリンク(僕はマンゴージュースをセレクト)

がセットでついてきます。

 

そしていただいてみたところ、、、

クセが強い!!

 

というのが一番の感想です。

美味しいのですが、普段なかなかに食べない味です。

 

スパイスがとても効いています。3でもなかなかの辛さです。

これが本場の味というやつなのでしょうか。

スープやサラダもいつもの日本の食卓に出て来る味ではないです。

 

しかし、そこで活躍するのがジュース。

マンゴーがとても甘くて、カレーは辛くて、この交互に味わう感じはなかなかよかったです。

貴重な味をいただくことができた気がします。

 

 

・普段なかなか食べないものを食べてみたい方

・ネパールカレーに興味がある方

・辛いものが好きな方

おすすめです。

 

では。

 

以下詳細です。

店名 DEVi
TEL 076-218-7888
定休日 なし
営業時間 11:00~15:00、17:00~22:00

 

 

 今日も最後までお読みくださりありがとうございます。

これからも「かなログ」をよろしくお願いします。

 

金沢で金つばといえば...中田屋の運営するカフェ「和味」【金沢グルメ】

こんにちは。しゅうです!
 
金沢といえば、金つばと思われる方も多いのでは無いでしょうか。
今回は、そんな金沢の金つばの中でも有名な中田屋が運営するカフェ「和味」の紹介です。
 
中田屋のお店は金沢の各地にあります。金沢駅のなかにある「あんと」や、ひがし茶屋街などです。
 
今回はひがし茶屋街のお店に行ってきました。

f:id:kanalog2016:20170527153720j:plain

ひがし茶屋街の中田屋は一階が店舗、二階がカフェ「和味」になります。
中田屋で販売している和菓子とお茶を飲むことができます。
 
とても静かな店内で、小鳥のさえずりや隣の道を歩く人々の声が遠くから聞こえてくるみたいでした。

f:id:kanalog2016:20170527160136j:plain

 
金つばだけでなく、あんみつやシュークリームなど色々なお菓子をここでいただくことができます。
単品194円
抹茶セット540円
コーヒーセット519円
が平均的な価格です。
 
 
いただいたのは、やはり金つば。能登大納言きんつばです。

f:id:kanalog2016:20170527160215j:plain

 
特徴は、大きな小豆です。能登大納言あずきという大きな小豆を使っています。
小豆の美味しさを金つばの中でそのままいただけます。
とても甘いので、苦いお茶と合いますね。
 
・甘いものが好きな方
・ひがし茶屋街で少しゆっくりしたい方
・金沢の金つばを食べてみたい方
おすすめです。
 
では。
 
以下、詳細です。
店名 和味
TEL 076-254-1200
定休日 なし
営業時間 9:00~

 

 

 
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。
これからも「かなログ」をよろしくお願いします。

アイスなのに溶けない?「金座和アイス」【金沢グルメ】

こんにちは。しゅうです!
 
今日は金沢のひがし茶屋街にある溶けないアイス「金座和アイス」の紹介です。
 

f:id:kanalog2016:20170527153450j:plain

まず思うのは「アイスなのに溶けないとはどういうことじゃ?」ということでしょうか。
この溶けないアイス、金沢大学のベンチャー「バイオセラピー開発研究センター」が運営するお店なんです。
イチゴ由来のエキスでクリームが崩れるのを防いでいます。
 
アイスの種類は
 
福梅風アイス【ストロベリー】
雪吊り風アイス【抹茶】
前田家家紋風アイス【抹茶】
各650円
 
お団子アイス【ストロベリー・バニラ・抹茶】
300円
 
焙煎珈琲【アメリカン・アイス・ホット】
350円
 
アイスはブルーベリーとイチゴの金箔入りソースでいただけます。
 
僕はお団子アイス・抹茶・ブルーベリーソースでいただきした。

f:id:kanalog2016:20170527155459j:plain

 
アイスなのですが、しっかり抹茶の深い味わいがありました。
このお値段でこれだけピカピカに金箔がかけられるのはリッチですね!
抹茶とブルーベリーソースの相性も意外と合っていて、初めての味でした。
 
店内は新しくきれいでちょっとおしゃれな雰囲気になっています。
ベンチやソファも用意されているので涼みながらアイスをいただけます。
・夏にひがし茶屋街を訪れ冷たいものが食べたい方
・そもそも本当に溶けないのか疑問に思った方
・ちょっと涼んだり休憩したりしたい方
おすすめです。
 
では。
 
以下、詳細です。
店名 金座和アイス
定休日 不定休
営業時間 10:00~17:30

 

 
 
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。
これからも「かなログ」をよろしくお願いします。
 
 

金沢の新名物金沢コロッケとは?「VILLE DE CROQUETTE」【金沢グルメ】

こんにちは。しゅうです!
 
今日は金沢のひがし茶屋街にあるVILLE DE CROQUETTEの紹介です。
観光地で食べるコロッケ、美味しくないですか?
飛騨や伊勢などでもある「飛騨牛コロッケ」や「近江牛コロッケ」。
 
実は金沢のひがし茶屋街にも「金沢コロッケ」あるんです。
 

f:id:kanalog2016:20170527153228j:plain

こちら。コロッケではなくクロケットなんです。(クロケットとはコロッケのフランス語表記)
ちょっとおしゃれですね!
 

f:id:kanalog2016:20170527154211j:plain

僕がいただいたのはこの「ポテトクロケット」です。
 
注文してからシェフが揚げてくれます。
6分ほど待ってからいただくと、アツアツでした。
 
とてもシンプルなおいもだけの味付けでしたが、それがまた美味しい。
衣が厚いというわけでもないのですが、とてもサクサクでした。しかもジューシー。
 
店内に席はないので、買ってから外で食べることになります。
 
「ポテトコロッケ」はお値段240円です。お買い得ですね。
その他にも、金澤クロケット、たこレンコン、スイーツクロケットなど色々なクロケットがいただけます。
バス停からひがし茶屋街へ向かう道の入り口近くにありますので、興味ある方は一度たちよる価値有りです。
・ひがし茶屋街を訪れた方
・ちょっと小腹が空いたかた
・コロッケ好きな方
おすすめです。
 
では。
 
以下、詳細です。
店名

VILLE DE CROQUETTE

(ヴィレ デ クロケット)

TEL 076-254-5605
定休日 なし
営業時間

10:00~18:00

 

 

 
今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
これからも「かなログ」をよろしくお願いいたします。

1,000円持って出かけてみる「ひがし茶屋街」【金沢観光】

こんにちは。しゅうです!
 
今回は金沢のひがし茶屋街の紹介をしよう!
と思ったまでは良いのですが、、、
 
月末ということもあり余り予算がかけられない。
 
それならば、いっそ格安でどれだけ楽しめるのかチャレンジしてみたいと思います。
 

f:id:kanalog2016:20170527153640j:plain

 
バス停からひがし茶屋街方面に向かってまず目についたのがコチラのお店。
 

f:id:kanalog2016:20170527153228j:plain 

「金沢コロッケ」として最近人気のville de croquetteです。
詳細はこちらをご覧ください。
ここで240円使いました。
 
 
道なりに進んでいくと、今度はアイスクリームの看板が!

f:id:kanalog2016:20170527153450j:plain

ん、溶けないアイス?
「金座和アイス」気になったので入ります。
 
詳細はコチラの記事をどうぞ。
ここで300円使います。
 
さらに進むと、有名な和菓子やさん「中村屋」が見えてきます。

f:id:kanalog2016:20170527153720j:plain

そろそろ甘味が欲しい(さっきも食べましたが)ということで、さっそく入店。
ここでは2Fがカフェになっているんですね。
 詳細はこちら。
ここで194円使います。
 
 
ここまで734円で3軒のお店を楽しむことができました。
定番のお店などは紹介できませんでしたが、、、また今度。
 
では。
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
これからも「かなログ」をよろしくお願いします。